映像クリエイターとして独立して1年が経過

2014年の4月に独立したので、1年が経過しました。
お陰さまで思っている以上に順調にお仕事の依頼があり、結構忙しく過ごさせて頂きました。

独立のきっかけ

もともと僕は独立する前の直近の勤めていた会社は、ごくごく普通の企業でWEB担当をしていました。
WEBサイトの立ち上げや、運用、写真を撮ったり、カタログのデザインをしたり、そういう業務内容でした。

その直近の会社で働きながら、WEBのことを勉強しつつ、時々プライベートで映像制作の仕事を受けていました。
デザイン事務所勤務時代に映像制作の仕事をしていたので、そういう繋がりで、個人的にお願いさせる仕事も時々あって、夜な夜な編集するというような感じでした。

「モノづくり」というのはもともと好きで、いつかは映像制作を中心とした事務所を立ち上げたいなーとはうっすら思っていたのですが、まさか前の会社を二年も持たず退社し独立するとは思わなかったです。

独立のきっかけはというと、
会社の給与より自分の仕事のギャラの方が上回る月が増えていったことです。
単純だといえば単純だけど、
「もしかしたら、フリーランスになったらもっと活躍できる?!」
みたいな感じで、独立を決心しました。

ひとつの映像作品から繋がること

では独立する前、何故そんなに仕事の依頼が増えたかと言うと、
もともとブログ形式の個人ホームページを持っていて、ひとつの映像作品を作りそれをホームページにアップしたりしていました。
それでその作品達を見た企業さんが「是非、仕事を依頼したい」と増えていったことです。

すごく嬉しかったです。
自分が作ったものを評価してもらい、プロとして仕事の依頼をしたいということが。

だから今でもひとつひとつの仕事は大切に

自分の性格的(人見知りなので)に営業とかはあまり出来ないので、ひとつひとつの仕事の成果や質・そして過程が勝負だと思っています。
(というかクリエイターだったら当然だけど。)
自分の作ったものを評価してもらって、次の仕事に繋げる。
そして出来る限り作品はホームページに掲載出来るよう交渉し、このホームページを通じて新規のお客さんに繋げる。
この流れが、自分にとってはベストです。

次の1年も、ひとつひとつの仕事に対する向き合い方を大切に、仕事をしていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いします。

ホームページも新しくしたし、更に良い仕事が増えるといいなー。

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA