高校生に映像ワークショップを行いました

クライアントさんの娘さんが、映像学科のある大学を受けるみたいで、
それでその入試が「映像で撮ったものを自分の言葉でプレゼンする」というものらしく、
じゃあ僕に出来る事ならということでワークショップみたいな形式で指導する機会がありました。

高校生には実際にカメラに触ってもらい、カメラに慣れてきたら課題を与え、その課題を自分なりの解釈で撮ってみて、
最終は僕が面接官役になって、高校生の彼女にはその撮った課題をプレゼンしてもらいました。

その課題は
「ワタシの興味あるものを、映像を通して伝えてみる」という内容で、

お花や景色を見て綺麗だと思ったら、その綺麗だと思った感情を、撮影した映像を通してどうやって他人に伝えたらよいのか?
という、ぱっと聞くと簡単そうには思うけど、意外と深い内容だと思っています。

 

例えば、清々しい秋を表現をしたい場合
高校生の彼女は、単純に彼岸花だけを個別に撮っていたのですが、
「彼岸花を撮った後に→秋の空(いわし雲)を繋いで撮ると、秋の清々しさがもっと出るよ」とアドバイスしたりしました。

彼岸花→秋の空→風でゆれる草木」みたいにするともっと良いかもしれないですね!

 

感受性を広くして、“ 映像で伝える ”本質みたいなことを少しでも感じてくれたらとても嬉しいです。

「実際に楽しかった」と言ってもらえてとても嬉しかったです。
大学に受かることを心から願っています。

150926_1

150926

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA