2月 2013

EOS 5D Mark III の動画機能を使ってみて。

今更こんな記事を書くのも、遅れてるのかもしれないけど、
EOS 5D Mark III を知り合いにレンタルして動画コンテンツのインタビュー撮影で使用してみましたので、ちょこっと感想を。

僕が今までDSLRの撮影で使用してきたのはx4だったり60Dで、何が一番困ったかというと、インタビュー撮影では音声別収録になるということです。
画は一眼レフで撮影し、音声はビデオカメラのNX5Jで収録して、撮影時にカチンコを入れ編集時に合わせるというやりかたです。これを一人でやるんだから結構大変です。

ですがEOS 5D Mark IIIでは、音声マニュアル機能+イヤフォンジャックが付いてるので、音声出力をMark IIIに入れて撮影ができるようになりました。
これが超便利!
60Dでも、音声マニュアル機能はあるみたいですが、結局イヤフォンで音を聞かないと、きちんと撮れているのか不安で、とてもじゃないけど一発撮りのインタビュー撮影では使用できませんでした。
5D Mark III を使用すること、NX5J分の荷物は減るし、カチンコはいれなくていいし、編集は楽になるし、
便利なことだらけでした。

あと、言われていた通り、高感度に強いというのが、画面を通して分かりました。
60Dとかだとiso800とかになると「ノイズやだな~」って思いながら、撮影することになるんですが、
5D Mark IIIだと、iso800とかへっちゃら、iso3200でもいけるんじゃないかな?

使用してみて、5D Mark IIIが欲しくなりましたが、ただ高い!
いまは我慢ですね。

今回の撮影の編集が完成したら、実績でUPできるよう交渉してみます!