フリーランスの映像クリエイターが今の自分の必要なタスクを考えてみる

独立をしてまだ間もない時期なので、考えないといけないことや、やらないといけないことが沢山あるので、ちょっと自分に向けてっていう意味でまとめてみます。

必要なタスク4項目

  1. ブログ記事を書くこと
  2. ポートフォリオに掲載OKな仕事を取ってくること
  3. 僕が活躍できそうな場所についてリサーチする
  4. 僕のWEBサイトを宣伝する

上記のような項目になると思います。つまり結局のところ

今の一番の課題は世間に自分をもっと知ってもらうこと

ということになります。

僕は映像制作業界でずっと経験を積んできたわけではなくて、スタートこそは映像制作会社でしたが、その後デザイン制作会社、一般企業のWEB担当とかをしていたので、
映像の先輩がいないところで働きながら自分で勉強をしてきたので、正直横のつながりって少ない方なのかなと思っています。。

1)まずは少しでも知ってもらうためにブログを書くことを続けたいと思っています。
このWEBサイトの窓口が各ブログ記事に担ってもらうことにより、アクセスを増やすことに繋がると思っているからです。

2)そして、やはり僕が一番大事にしたいのは、作品をキチンと公開すること。
いろいろ調べてみると、関西・大阪の他社の映像制作会社さんの実績は動画で公開してるのが意外と少ないんです。
きっと制約があったりすんでしょうが、やはり映像をメインで仕事する限り自分のサイトは動画を活かしたサイトにしたいというのが僕の強い想いです。
自分が作った作品はやっぱり大切にしたいですよね。

3)この活躍できる場所をリサーチするというのは、僕は「自分一人でも動画作りますよ」というワンマン・オペレーションが得意という分野が活かせそうな場所をリサーチすることです。
方法はネットや業界の機関紙とかになるのかな。

4)宣伝に関しては、今いろいろ考えてて、Facebookページを作るのか、Twitterで便乗つぶやきをするのか、もしくはダイレクトメールを作って興味のある企業さんに送ってみるとか。
上記の4タスクを繰り返しながら、頑張っていこうと思っています。

個人的には(4)の宣伝が一番大変だなと思っています。何せ人見知りだし、営業経験も全くないので(笑)
まあ自分らしく、誠実に頑張っていきます。

動画を使ったWEBサイトについて

動画を使ったホームページってまあ普通によくあるけれど、大体は小さな小窓にYouTubeを埋め込んであるだけのようなサイトが多く感じます。
もちろんそれはそれで、効果があるし良いと思うんだけど、TOPページで大きく表示させて動画を全面的に押し出したサイトってまだまだ少ないので、
僕が知っている動画を全面的に使ったサイト2点をご紹介します。


READ MORE

YoutubeとVimeoはどっちがいいんだろう?

2大動画共有サイトYoutubeとVimeoですが、この二つ似てるようで特徴が少し異なると思うのでそのことについて書いてみます。


集客したいならYoutube

まずなんといってもGoogle検索で圧倒的に表示されやすいのがYoutube。

  • 検索に強い
  • 無料なので、広告が入ってしまう時も。
  • ユーザビリティー重視で、画質重視ではない。
  • Youtubeでチャンネルと作ることによって更に集客を狙える

Youtubeの動画タイトルを「商品名」や「サービス名」で登録してあげて、検索に引っかかるようにしてあげる。
そして、Youtubeに入ると、関連動画や公式HPがリンクしてあって、またそこに誘導したりと。
窓口的な役割を果たす、そこが一番のYoutubeの強みです。


映像をキチンと魅せたい場合はVimeo

日本では一般の方には知られてないけど、クリエーターの間では有名なVIMEO。
高画質でスピーディーな動画閲覧が可能で、デザインもすっきりしてて個人的には好み。

  • 画質がきれい、そして早い
  • 無料会員と有料会員がある
  • 有料会員だと、細かな設定が出来るのでサイトに埋め込む場合でも、いろいろ出来る。
    (画面の表示を変えたり、自動で再生させたり、パスワード設定が出来たり)

動画そのもの自体は集客として使わずに、窓口にWEBサイトに担ってもらうことが絶対必要。
画質がきれいで早い分、WEBサイト中に埋め込まれる動画は本当に美しいものになる。そこがVIMEOの強みになります。
(検索対策として、二重でYoutubeに登録してもありだと思いますが。)



上記なような違いだと、個人的には思っています。