2014年春より、正式に独立をしました。

2014年4月より正式に樋越デザイン事務所として一人立ちをし独立する運びとなりました。

22歳頃に働き始めた当初から、
「小さくても自分の名前で仕事がしたい、自分らしい映像をつくりたい。」
そんなことを思いながら毎日の仕事に取り込んでまいりました。

映像だけでなく、デザインの会社に入ったり、ホームページの運用の仕事をしたり、
いろんな本を読んだり、ひとり海外旅行に行ったり、友人らと語りあったり。

そんなひとつひとつの時間、そして出会いが、今の僕をつくっていると思っています。
これからも、いろんなことを学びながら成長していけたらと思っております。

感謝です。

甥っ子ができたので、撮影してきた!

つい先日に姉が、二人目を産んだので、病院に遊びに行ってきた!
それでちょこっとだけ撮影をしました(本当に少しだけですが。)
なかなか可愛いです。
個人的にテレビのめばえの映像が大好きなので、新生児の赤ちゃんを撮影できるような仕事が将来したいなと思っているところです。

この動画素敵です!

自分用に貼っておきます。

WEB動画はやはり個人的には2~3分くらいでまとまってるといいな。と思います。
お手本のような動画。素晴らしいです。

これも美しい動画です。

会社案内の映像をどう考えるか?

先日、当ホームページから「会社案内の映像制作を作りたい」というご依頼がありました。

会社案内と聞くと少しかっちりしたイメージを持っていたんですが、打ち合わせをしお話を聞くとどちらかと言えば「プレゼンテーション動画」に近い動画のご依頼でした。
シンプルな映像で、その映像を見ながら会社の説明を自分達で行う、そんな動画のお話でした。

シナリオを書いて、CG入れて、ナレーション入れて、ってお金を掛けようと思えば映像制作はいくらでも掛けれるんだけど、
ポイントをだけをつかまえたシンプルな動画にしてしまって、説明は映像を視聴しながら行うプレゼンテーション動画って言う方が、ずっと効果的な場合もあるなっといつも考えています。
その方が会話は生まれ商談がはずむ場合が多いんですよね。
前に務めていた会社の社長が、商談の時IPADでデザイン広告のプレゼンを映像を見せながら、上手いこと相手の関心を引き付けていたのを思い出します。
映像って紙では出来ないリアルさを表現できますからね!

どちらにしても、大切なことは“伝えたいことのポイントをしっかり表現する”という部分ですが。

しっかりと打ち合わせをし、素敵な部分を表現できたらいいなと思っています。