YoutubeとVimeoはどっちがいいんだろう?

2大動画共有サイトYoutubeとVimeoですが、この二つ似てるようで特徴が少し異なると思うのでそのことについて書いてみます。


集客したいならYoutube

まずなんといってもGoogle検索で圧倒的に表示されやすいのがYoutube。

  • 検索に強い
  • 無料なので、広告が入ってしまう時も。
  • ユーザビリティー重視で、画質重視ではない。
  • Youtubeでチャンネルと作ることによって更に集客を狙える

Youtubeの動画タイトルを「商品名」や「サービス名」で登録してあげて、検索に引っかかるようにしてあげる。
そして、Youtubeに入ると、関連動画や公式HPがリンクしてあって、またそこに誘導したりと。
窓口的な役割を果たす、そこが一番のYoutubeの強みです。


映像をキチンと魅せたい場合はVimeo

日本では一般の方には知られてないけど、クリエーターの間では有名なVIMEO。
高画質でスピーディーな動画閲覧が可能で、デザインもすっきりしてて個人的には好み。

  • 画質がきれい、そして早い
  • 無料会員と有料会員がある
  • 有料会員だと、細かな設定が出来るのでサイトに埋め込む場合でも、いろいろ出来る。
    (画面の表示を変えたり、自動で再生させたり、パスワード設定が出来たり)

動画そのもの自体は集客として使わずに、窓口にWEBサイトに担ってもらうことが絶対必要。
画質がきれいで早い分、WEBサイト中に埋め込まれる動画は本当に美しいものになる。そこがVIMEOの強みになります。
(検索対策として、二重でYoutubeに登録してもありだと思いますが。)



上記なような違いだと、個人的には思っています。

インタビュー撮影のすゝめ

今までインタビュー撮影のお仕事をいくつかさせて頂いたのですが、初めてお取引する企業様との最初の仕事が”インタビュー撮影”というのがすごく効果的だと感じたので、そのメリットについて書きたいと思います。


営業面から見たインタビュー撮影のメリット

  • インタビュー撮影は相手企業のビジネスモデルや歴史などを事前に勉強する必要がある
  • 社長や役員に会ってインタビューで話を聞ける

上記のようなことだと思います。
つまり、相手の企業の本質部分であったり、権限を持った方と近づけるということです。
特に良いインタビューが出来た時は相手の社長さんとも信頼関係が生まれるときがよくあります。
これがビジネスとしてにすごく大きなメリットになります!

社長さんと仲良くなれば、次にホームページのリニューアルの仕事などの大きな仕事を任せてもらえるかもしれませんね。

でもインタビュー撮影って本当に経験がモノを言う仕事なので、僕も日頃からいろんな本とか読んだりしてなんとか教養を。。
と意識したりして日々過ごしています。

会社案内の映像をどう考えるか?

先日、当ホームページから「会社案内の映像制作を作りたい」というご依頼がありました。

会社案内と聞くと少しかっちりしたイメージを持っていたんですが、打ち合わせをしお話を聞くとどちらかと言えば「プレゼンテーション動画」に近い動画のご依頼でした。
シンプルな映像で、その映像を見ながら会社の説明を自分達で行う、そんな動画のお話でした。

シナリオを書いて、CG入れて、ナレーション入れて、ってお金を掛けようと思えば映像制作はいくらでも掛けれるんだけど、
ポイントをだけをつかまえたシンプルな動画にしてしまって、説明は映像を視聴しながら行うプレゼンテーション動画って言う方が、ずっと効果的な場合もあるなっといつも考えています。
その方が会話は生まれ商談がはずむ場合が多いんですよね。
前に務めていた会社の社長が、商談の時IPADでデザイン広告のプレゼンを映像を見せながら、上手いこと相手の関心を引き付けていたのを思い出します。
映像って紙では出来ないリアルさを表現できますからね!

どちらにしても、大切なことは“伝えたいことのポイントをしっかり表現する”という部分ですが。

しっかりと打ち合わせをし、素敵な部分を表現できたらいいなと思っています。

新たな映像作品を納品しました。

3月末に新たな動画のお仕事の納品が無事終わりました。
デザイン制作会社さんに間に入っていただき、撮影・照明・音声・編集、一人でこなしました。
ちょっとだけ大変だったけど、よい作品ができとても充実しています。
進行役の制作会社さんも仕事のできる人たちで、とてもスムーズに仕事ができました!

今の時代、パソコンのスペックも上がったし、カメラも小さくなってしかも綺麗(一眼レフ動画)。
何人ものチームを組まなくても、工夫次第で映像が作れるっていう、すばらしい時代になったな~と個人的には思います。

また、落ち着いたら、制作実績に追加して、制作の裏側を書けたらと思います。

動画の内容は、
採用サイトに載せたり、説明会に流したりする、採用案内の映像になります。

EOS 5D Mark III の動画機能を使ってみて。

今更こんな記事を書くのも、遅れてるのかもしれないけど、
EOS 5D Mark III を知り合いにレンタルして動画コンテンツのインタビュー撮影で使用してみましたので、ちょこっと感想を。

僕が今までDSLRの撮影で使用してきたのはx4だったり60Dで、何が一番困ったかというと、インタビュー撮影では音声別収録になるということです。
画は一眼レフで撮影し、音声はビデオカメラのNX5Jで収録して、撮影時にカチンコを入れ編集時に合わせるというやりかたです。これを一人でやるんだから結構大変です。

ですがEOS 5D Mark IIIでは、音声マニュアル機能+イヤフォンジャックが付いてるので、音声出力をMark IIIに入れて撮影ができるようになりました。
これが超便利!
60Dでも、音声マニュアル機能はあるみたいですが、結局イヤフォンで音を聞かないと、きちんと撮れているのか不安で、とてもじゃないけど一発撮りのインタビュー撮影では使用できませんでした。
5D Mark III を使用すること、NX5J分の荷物は減るし、カチンコはいれなくていいし、編集は楽になるし、
便利なことだらけでした。

あと、言われていた通り、高感度に強いというのが、画面を通して分かりました。
60Dとかだとiso800とかになると「ノイズやだな~」って思いながら、撮影することになるんですが、
5D Mark IIIだと、iso800とかへっちゃら、iso3200でもいけるんじゃないかな?

使用してみて、5D Mark IIIが欲しくなりましたが、ただ高い!
いまは我慢ですね。

今回の撮影の編集が完成したら、実績でUPできるよう交渉してみます!