嵯峨美術大学のアートプロジェクトを追ったドキュメンタリー映像

2017年春、嵯峨美の客員准教授・大槻香奈が企画したアートプロジェクトは「家」がテーマとなりました。 「家」を概念と捉え、どこまでを自分の家と認識するのか、また社会にどのような家(居場所)が必要なのか、あるいは空想やインターネットなど形の無い世界での家、居場所とは…。 今回、これからの時代を築く学生たちと大槻が一緒に考え、制作に挑む、このアートプロジェクトを追いかけました。 プロジェクト終了後、メンバーそれぞれがプロジェクトを通し、何を感じ、何を得たのか。その答えは参加した学生たちの内部にあります。 きっと何かが生まれ、育っているのではないでしょうか。