Youtubeで大切なポイントはタイトルの付け方?

仕事で動画を作ると7割くらいが、そのままYouTubeにアップしたいという流れになります。
それでやはり思うことは、タイトルを上手く付けるのに成功した場合にアクセスが伸びてるということです。

どういう検索で動画にたどり着くのか?しっかり考えること

 

例えば、昔に僕が作った映像の場合
「店舗名」+「英語の店舗名」 となっております。
それで、タイトルの中に「舞妓」「maiko」と入っているのが重要だと感じております。

この作品Youtubeに入って確認して頂ければ分かるかと思いますが、2015年5月の時点で10万回の再生をしております。
コメントを見てみると、外国の方が多く、おそらく検索で「maiko」と調べて、この動画にたどり着いたのだと考えられます。
(またいいね数も多くて嬉しいですね!)


この作品も、2014年の秋に作成したプローモーション動画になるのですが、
これも現時点で3万5000回近く再生されております。

この動画作品は、シナリオが面白くそのあたりでも少し注目されバズったのかもしれないですが、
「La Traviata」「椿姫」乾杯の歌と、この劇中に歌った曲名が入っております。
このあたりからの検索の流用もあったのではないかと思っております。

タイトル大事でも動画の中身はもっと大事

注意したいのは、動画中身とかけ離れたタイトルは付けないこと。視聴者ががっかりしたら意味が無いから。
あと、せっかく再生数が多くても中身が最低だと、ブランドイメージを逆に損なう場合があるから、クオリティは大切にしましょう!

Tags:
No Comments

Post a Comment

CAPTCHA